自分のペースでスクワットやストレッチ体操を

普段の暮らしや夫婦生活の中で「本日はかったるい」と感じ取る日が多くなってきていました。立ち労働をしているので、過剰に疲れを感じとるのかもしれません。

しかし、疲労は五体を動かさないから疲れる事を知りました。身体を動かさないと、絶えず加齢に係わるようです。立っているだけでも、しばらくすると四肢が痛くなってしまい、労働中でも壁に寄りかかってしまう事もありました。

でも、スパーキー佐藤の口コミを信じてちょびっとずつスクワットをやってみる事にして、無茶せず何日か続けてみました。

すると、さっそく2日目には脚や腰が軽々感じるようになり、夫婦生活に苦痛を感じなくなったのです。それからは、スクワットの頻度を増やしたり、ストレッチ体操を取り入れたりして、自分自身なりに身体を動かすようにしました。まれに、忘れてしまったり困難だったりしますが、自己のテンポでやっていくだけで、疲労知らずの身体に変動していく事を実感してきました。ちょっと荒々しい動きをすると消耗はしますが、普段の暮らしでは疲れる事は無くなってきたので、今後はもずっと自分のペースでスクワットやストレッチ体操をやっていこうと思ってます。