2018年4月

つわりは、体の浄化

つわりは、体の浄化

(公開: 2018年4月12日 (木))

つわりは、体の浄化のために起きます。
現代人は、長時間、多くのストレスを受け続け、そのために、体に様々な老廃物が発生します。
また、長い間、薬を飲み続けると、これも、体にとって異物ですので、排出しなればいけせんね。
最近は、実に多くの食品添加物が出てきました。
天然のものから作られるものが多いのですが、異物であることには違いはありません。
発色剤、人口着色料、消毒剤、甘味料、保存料......加工食品の中に食品添加物のっていないものはありませんね。
お菓子類には、化学合成品を食べているようなものが多いですね。
揚げ物のお菓子も怖いですね。フライドポテト、揚げ煎餅、かりんとうなど、揚麺を使ったカップめんや、インスタントラーメンなども怖いです。
マーガリンや、植物油など、製品そのものが化学合成されているものも少なくあません。
現代の日本人が、1 年間に食べる食品添加物の量は 30 kgにもなるそうです。
妊娠したいと願われるのでしたら、なるべくこれらを食べないように努力するこが大切ですが、どうしても、逃れられませんね。
ですから、デトックス(毒出し)が必要なんですね!!



便秘解消のサプリメントはどうなんでしょう

便秘解消のサプリメントはどうなんでしょう

(公開: 2018年4月 2日 (月))

私はいつもお腹の調子が悪くて、しょっちゅう便秘になっているという問題があります。便秘解消のサプリメントと言うのも結構いろいろな種類が販売されていますよね。

 

このサプリメント、今とても気になっています。善玉菌を体の中に取り入れるサプリメントなんて、結構魅力的ですよね。これで毎日のお腹がスッキリして余計なことに気を取られずに済むのであれば、長い目で考えると実はサプリメントを使ったほうがお得なのかもしれません。

 

一応市販のちょっとした乳酸菌系のものは飲んだりもしたのですが、ほとんど目に見えるような効果はありませんでした。もっと本格的なサプリメント必要としているのかもしれません。

 

早寝早起きはもちろんのこと、週に2、3回自分が楽しいと感じることをすれば、心と体の健康度合いはアップするのです。こんな報告も起こりますので、アトピー性皮膚炎の患者さんは皮ふ科のクリニックを受診して相談してみてください。

女性誌や美容の本には、顔が小さくなる、肌が美しくなる、痩せる、デトックス効果がある、免疫の向上など、リンパ液を流せば全てが解決する!という華やかなフレーズが載っている。

中でも夜の口腔内のお手入れは大切。蓄積されたくすみを除去するため、夜はきちんと歯を磨くことをおすすめします。しかし、歯磨きは回数が多ければ良いわけではなく、クオリティに注意することが大事だといえるでしょう。

洗顔料できちんと汚れを洗い流す必要があります。せっけんは肌に合ったものを使いましょう。肌にさえ合っていれば、価格の安いものでも大丈夫ですし、固形の石けんでもかまわないのです。

医学界全般がQOL(quality of life)重視の傾向にあり、市場経済の向上と医療市場の巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから人気のある医療分野だ。

 

乾燥による痒みの原因の大半は、歳を取ることによる角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減衰や、洗顔料などの過度使用に縁る肌のバリヤー機能の消滅によって発現します。

アトピー要因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち何れか、又は2つ以上)、IgE 抗体を生産しやすい素因、など。

唇の両端、すなわち口角が下がっていると、皮膚の弛みは一段と目立つようになっていきます。ニコッと左右の口角を上げた笑顔でいれば、たるみ予防にもなるし、何より見た目が良くなると思います。

むくみの要因は色々ありますが、季節による影響も関係していることをご存知でしょうか。気温が高くなって汗をかく、この季節にこそ浮腫む原因が潜んでいます。

深夜残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当にご飯の準備…。お肌が荒れてしまうということを分かっていても、日々の生活では満足できるだけの睡眠を取れない人が多いのは明らかです。

 

審美歯科というのは、第一に美しさを考えたトータルな歯科医療分野のひとつ。歯の働きには物を噛むなど機能的な一面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、両方健康という観点ではとても重要な要素だと考えている。

スカルプの健康状態がおかしいと感じる前に正しく手入れして、健康的な頭皮を維持したほうがよいでしょう。コンディションが悪くなってから気を付けたとしても、改善までに時間がかかり、お金も手数も必要になります。

唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、お肌のたるみは加速的に目立つようになります。にこにこと唇の両端を上げて笑顔を心がければ、弛み予防にもなるし、見た感じも素敵だと思います。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を服薬だけで治そうとするには無理な話です。生活習慣や楽しめる趣味など生活全ての在り方まで拡大した治療方法が重要です。

思春期が終わってから出来る難治性の“大人のニキビ”が徐々に増えている。10年間もこうした大人のニキビに悩まされてきた多くの人が専門クリニックにやってきている。