現金化

クレジットカード換金で起き得る処分と注意点

クレジットカード換金で起き得る処分と注意点

(公開: 2017年1月12日 (木)

クレジットカード換金は、決済代行業者を使ったり購入した商品を転売したりする事により、クレジットカードに設定されたショッピング枠を手持ちの現金に換える手法と定義出来ます。

一連の流れの中でクレジットカードを使うのは通常の商品購入と同じ手続きのみですから、複雑な仕組みではありませんが、一方で根本的な注意点が存在します。

その注意点とはそもそもこうしたクレジットカード換金の行為が、カード会社が定める規約に触れるという事です。

法に抵触する行為では無いものの、換金目的で多くの商品を購入する事は結果的に債務を膨らませる事となるので、多重債務防止の観点からそうした規約が定められています。

この規約がある以上、換金目的の利用が疑わしい・明確なケースについては注意喚起の意味を込めて、カード会社側が当該カードの利用停止に踏み切る場合があります。

基本的には停止期間はそれほど長くはありませんが、それでも尚同様の状況が続く場合には、強制退会処分に踏み切る場合すらあります。

つまりカード利用そのものに対して大きな制限が掛かる可能性があるのです。

その判断基準ですがカード会社では換金性の高い商品をリスト化しており、明らかに必要以上に対象商品を購入している履歴をピックアップした上で、利用停止・退会を行うかを決定しています。

具体的にはブランド品・交通関連のチケット等が、該当し易くなっています。

特に居住地と全く関係性の無い新幹線や飛行機のチケット、同一商品の大量購入はピックアップの基準に引っ掛かり易くなっていると言えます。

換金を伴わないケースも含め、こうした利用には少々注意が必要です。

現金化を行う上で自身でやるもの良いとは思いますが、手間や時間を考えたら確実に現金化業者の方が早くて、リスクもかなり低くなります。

口コミで人気のビックギフトさんの情報を参考までに載せておきますので興味のある方は是非見てみてください。